×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アフェリエイト初心者が稼ぐ方法

参加者の多いインフォトップ

アフィリエイト初心者のために
アフィリエイト初心者脱出

物販系なら電脳卸

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

新規にアフィリエイターとして登録をしましょう。準備するものは、あなたの口座にお金が振り込まれます。銀行口座を準備しましょう。ほとんどのアフィリエイトをするにあたり必要なものは銀行口座だけです。

アフィリエイト初心者が稼ぐには

まず、片手間で稼ぎたい。楽して稼ぎたい。
こんな先入観をお持ちではないでしょうか?

どうせ副業なんだから。この意識を消さない限りアフィリエイトで稼ぐということは難しいのかも知れません。
アフィリエイト初心者は車の運転でいえば、自動車教習所に通っているようなもの。サラリーマンとして本業もあるし、もし、片手間で稼げるようなら本腰を入れてやってみようかな。まぁ軽い気持ちで取り組みます。
会社の飲み会があれば優先するでしょうし。
今のサラリーマンの給料を超えるようなら本業でやろうかな。

こんな人が多いのも事実です。
月に5千円以上稼げないアフィリエイターが95%。
5千円以上稼げているアフィリエイターは5%ほどしかいないのです。

  • 月に5千円で暮らせますか?
  • アフィリエイトで稼ぐには、本業のように真剣に取り組みましょう。
  • 簡単なようで出来ていない人がほとんどです。

そしてアフィリエイト初心者を脱出しましょう!

アフィリエイト初心者が稼げるようになる商材

岡崎よしあき(おず)さん、という方の商材。ブログアフィリエイトで日給8万円ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る図解と動画による手順マニュアル。さらに詳しくは

岡崎よしあき(おず)さんの商材を元に1225万6018円稼いだ

45才主婦のサト愛さんが、パソコン1台と旅行カバンを抱え夫と二人で全国各地を旅しながらをなんなく、1225万6018円を稼いだ方法です。さらに詳しくは

アフィリエイトに慣れてきたら広告を出しましょう。

アドワーズマスター菅野浩二さんの1億稼いだコンテンツマッチ広告徹底講座ノウハウパッケージ。さらに詳しくは

アフィリエイトで稼ぐ仕組みが解ってくたら、PPC広告を使います。PPC広告とはPay Per Click の頭文字を取ったもので一般に「クリック課金」と呼ばれています。
クリック課金型広告では、表示されるだけでは広告主は宣伝費を払う必要はありません。 いくつかのPPC広告がありますが、使うのは「アドワーズ広告」。Googleの広告宣伝媒体サービスです。
日本でアドワーズ広告をだしますと、もちろんキーワードにもよりますが、高いものになると、ワンクリック数百円、数千円になるものもあるのです。
高いクリック率のキーワードを見つけることによって、安い広告料でバンバン濃いアクセスがあなたのサイトに集まるようになります。

サイトを作成して広告をだして、どんなキーワードでアクセスが集まって売れていくか、自分でマーケティングをするのもアフィリエイトで稼ぐ楽しみのひとつです。

リサーチし、マーケティングを繰り返し、取引を重ねていくにつれ、「どの商品が売れるか」ということがわかってきます。 そうなれば、アクセスを稼ぐことにより、より大きな利益を生み出すことができます。

ひとつのアフィリエイト商材でも見つければ、サラリーマンの給料を超えることは可能になっているはずです。

諦めないことが大切です

アフィリエイトで稼ぐことには行動が必要です。

何もしないで稼げるという事はありません。

初心者のうちはムダな行動or出費も多くなりますが、将来アフィリエイトで安定した収益を得るためです。

そのために自己投資としての学習は必要です。

私のようにセミナ−に参加しないまでも、必要な商材は購入し、情報をインプットすることが大切です。

よほどのことがないがぎり
学習しない人には売れないのです。

例えば、100円均一に売っているような商品でも他人に売るのは難しいのです。

 なぜ?売れないか? 買う人の気持ちを常に考えましょう!なぜなら購買心理は大切です。

アフィリエイト、アソシエイトとは?
Webサイトやメールマガジンなどが企業サイトへリンクを張り、閲覧者がそのリンクを経由して当該企業のサイトで会員登録したり商品を購入したりすると、リンク元サイトの主催者に報酬が支払われるという広告手法。仕組みとしては成果保証型広告と同じだが、アフィリエイトの場合には、その商品やサービスに関連した情報を掲載するWebサイトやメールマガジンが主な対象となり、それらと電子商取引サイトの間のパートナーシップの側面が強調される。書籍の書評にオンライン書店へのリンクを張る場合などは、それ自体が一つのコンテンツとなるため、サイトと企業の双方に利益のあるマーケティングプログラムだと言われている。企業にとっては、潜在的に商品に関心を持つ層に容易に到達できるというメリットがある。また、売上に応じて媒体側への支払い額が決まるため、ポータルサイトへのバナー掲載のように成果とは無関係に広告費が決まる他の手段に比べ、極めて費用対効果の高い広告手法と言える。日本で人気のあるアフィリエイトプログラムには、オンライン通販大手のAmazon.com社による「Amazonアソシエイト」や、オンラインモール大手の楽天市場による「楽天アフィリエイト」、アフィリエイト仲介を専業とするASP事業者の「リンクシェア」「バリューコマース」「A8.net」「アクセストレード」「インフォトップ」「インフォカート」「インフォストア」などがある。

『ヤフーIT用語辞典』(http://kaden.yahoo.co.jp/dict/)。
2007年9月19日15時(日本時間)現在での最新版を取得。

PageTop